2013年8月アーカイブ

献血で、こころもからだもリフレッシュ!

2013年8月29日 17:40


 毎年9月の第二月曜日は「全国理容ボランティアの日」です。その一環として、広島県理容生活衛生同業組合の皆さんが、献血にご協力いただいた方に感謝の気持ちを込めて、マッサージネイルケアサービスを実施します。

 献血ルーム「ばら」でのボランティア活動は今回で6回目の実施となります。さらに今年は献血ルーム「もみじ」でも実施します。

 この機会に、成分献血・400mL献血へチャレンジしてみませんか?


nailcare.png


   日時・場所:平成25年9月9日(月)14:00〜17:00
          献血ルームもみじ(広島市中区本通)

        平成25年9月9日(月)10:00〜12:30/14:00〜16:00
          献血ルームばら (福山市三之丸町)

      
   内 容:献血終了後にマッサージとネイルケアのサービスを行います。


nailcare2.png

血液センター見学会「なるほど献血教室」を開催しました

2013年8月29日 17:30


 平成25年7月29日(月)〜8月8日(木)、血液センター(中区千田町)において、主に小学4年生、5年生を対象とした、血液センター見学会「なるほど献血教室」を開催しました。
 今年は赤十字プラザや見学コースを設置した新社屋に移転して初めての開催で、今まで以上に楽しく学んでもらえる見学会となりました。

 この見学会は将来を担う子どもたちに献血の必要性と助け合いの心を知ってもらうために平成14年から実施しています。 
 毎年多くの参加希望があるため、今年は開催期間を9日間に延長、述べ17回の開催に対し親子212組、総計525名の参加がありました。
 「けんけつちゃん」と一緒に学ぶ3D映像などで血液や献血のこと、血液センターの仕事を学び、グループに分かれて血液センターの各所を見学しました。

 参加した子どもたちは、血液保管庫に入って血液製剤の保管状況の見学をしたり、検査や製造の実際の工程を見ながらパネルによる説明を聞き、とても熱心に勉強しました。
 また、献血バスのベッドに座ったり、献血運搬車に乗り込み写真撮影をしたりと、普段はできない体験に興味津々の様子でした。

naruhodo1.png

naruhodo2.png

◇参加した子どもたちの感想

「血液がこんなに大事なものだとよく分かりました。○×クイズも見学して分からなかったことを分かりやすく教えてくれたし、けんけつちゃんと一緒に答えを出したりしたから楽しかったです。色々なしくみがあっておもしろかったです。」(4年生)

「献血は生きるためにも大切なことが分かりました。献血は人と人とのつながりだったことが分かりました。楽しかったです。」(5年生)

「僕はここに来て血液が赤だけでないことがよくわかりとても勉強になりました。そして、人の命を救いたいと思うので献血を大人になったらやってみようと思います。」(4年生)

「僕も前、白血病の時に輸血をしてもらって元気になりました。献血のありがたさをとてもよくわかりました。」(4年生)


◇保護者の方からの感想

「3D映像、実際の見学、○×クイズなど子供にとって興味をもちやすい内容でわかりやすかった。最後に、まひろちゃんのお父さんの話を知り、なぜ今献血が必要なのかがわかり命の大切さを知ることもできた。とても良い経験でした。」

「昨年子供が治療のためたくさんの輸血をうけました。今日いろいろお話を聞いてどのように輸血をうけることができたのかとてもよくわかりました。子供ととても真剣に説明を聞いていてよい勉強になりました。ありがとうございました。」

カテゴリー:
バックナンバー
記事検索