2011年8月アーカイブ

東北3県応援キャンペーン〜みんなの献血でつながる応援〜

2011年8月31日 18:29

  tohoku3rogo.png
東日本大震災発生から約半年が経ちました。震災発生以降、皆さんの継続的な献血へのご協力により、被災地域の安定的な血液供給を行うことができています。
ニュースなどで徐々に復興する様子は見ることは出来ます。でも、もっと、何か、被災地域の支援が出来ないでしょうか?
広島県赤十字血液センターでは、9月の1ヶ月間を「東北3県応援キャンペーン」として、献血にご協力いただいた方に、この度の震災で特に甚大な被害を被った岩手県・宮城県・福島県の名産品を記念品とすることで、献血者の皆さんと一緒に被災地域を応援します。
皆さんのご協力をお待ちしています。

◆実施期間
平成23年9月1日(木)〜9月30日(金)

◆実施場所
献血ルーム「もみじ」(広島市中区本通)
献血ルーム「ばら」(福山市三之丸町)
県内移動献血会場

◆内容
?献血にご協力いただいた方へ、岩手県・宮城県・福島県の名産品をプレゼント!
 
  岩手県…せんべい   福島県…おきあがりこぼし    宮城県…仙台まころんtouhoku2.png
※種類は選べません。ご了承ください。

touhoku3.png?被災地域の方へ…応援メッセージの募集
被災地域の献血者に向けた応援メッセージを募集します。
献血会場にてメッセージカードをお配りしますので、
応援のメッセージをお書きください。
メッセージは期間終了後、岩手県・宮城県・福島県の各血液センターへお送りいたします

?東日本大震災における日本赤十字社の活動紹介(パネル展示)…献血ルームのみ
この度の震災において、日本赤十字社は災害救援活動を行ってきました。その様子をパネル展示します。献血ルームにお越しの方は、ぜひご覧ください。

今年も実施します!マッサージとネイルケアサービス〜献血ルーム「ばら」〜

2011年8月29日 10:51

毎年9月の第2月曜日は「全国理容ボランティアの日」であることから、広島県理容生活衛生同業組合(東部支部)の皆さんのご協力により、献血に来られた方へ感謝の気持ちを込めてマッサージとネイルケアサービスを実施します。
この機会にひとりでも多くの方に、成分献血・400mL献血へのご協力をお願いします。
massa-zi%20bara.png
                 ※ 昨 年 の 様 子

       実施日時 : 平成23年9月12日(月)10:00〜16:00

       実施場所 : 献血ルーム「ば ら」 ?:084-927-8140
          (福山市三之丸町9-16 山陽第2ビル4階)  

       内  容 : 献血者へのマッサージとネイルケアのサービス

             詳しくはスタッフにお問い合わせください。
                         ↓
                   献血ルーム「ばら」

平成23年度広島県献血推進大会を開催しました

2011年8月11日 16:00

平成23年7月21日(木)、鯉城会館(広島市中区)において、広島県献血推進協議会・広島県・日本赤十字社広島県支部・広島県赤十字血液センター主催の「広島県献血推進大会‐献血感謝のつどい‐」を開催しました。
この大会は、毎年7月に全国展開している「愛の血液助け合い運動」の一環として実施しているもので、長年にわたり献血推進にご尽力いただいている献血協力団体・個人への表彰が行われました。
また、県内の中・高校生を対象に募集した献血推進ポスター入賞者への表彰も併せて行われ、今年は442点の応募の中から16点が優秀作品として選ばれました。
優秀作品16点は、当日会場に展示され、多くの参加者が鑑賞されていました。

感謝状・表彰状贈呈団体・個人はこちら【PDFファイル】
ポスター入賞作品はこちら【PDFファイル】

suishin-1.png
   城納副知事による表彰状の贈呈              会場の様子  

特別講演として、東日本大震災における広島県支部の災害救護活動の様子が報告されました。赤十字では被災地での医療支援のほか、毛布等の救援物資の配布、「こころのケア」活動が行われており、写真を交えた講演では、赤十字としての復興支援の使命が伝わってきました。

東日本大震災救護活動についてはこちら

suishin-2.png
         特別講演の様子              沖本さんによる誓いの言葉

最後に、参加者代表として沖本雄一さん(修道高等学校)による誓いの言葉が発表され、盛大な大会となりました。

「なるほど献血教室」を開催しました

2011年8月11日 11:47

 平成23年7月26日(火)〜28日(木)の3日間、血液センター(中区千田町)において、小学4年生から6年生の児童とその保護者を対象に、血液センター見学会「なるほど献血教室」を開催しました。
 この見学会は、血液や献血について興味を持ち、血液センターの役割を理解することを目的に、平成14年から開催しています。
今年は3日間で130組、322名にご参加いただきました。
 教室では「けんけつちゃん」が登場するスライドで血液・献血、血液センターの仕事を学び、血液センターの施設を見学しました。

「なるほど献血教室」の様子をご紹介!
◇けんけつちゃんがお出迎え♪
naruhodo.png

◇スライド学習◇
 スライドで血液や献血のことを勉強したよ!           聞いたことをメモ…
naruhodo-1.png

テレビで輸血を受ける患者さんの様子を観ました。     ◇血液センター見学◇
naruhodo-3.png

◆献血バス◆
      献血疑似体験したよ!         色水を使った全血採血装置のデモストレーション
naruhodo-4.png

◆検査課◆ 血液型の調べ方を聞いたよ!
naruhodo-5.png

◆製剤課◆ 血液を成分ごとに分ける様子。         本物の血液を見て熱心にメモ…
naruhodo-6.png

◆供給課◆ はじめて血小板を見たよ!       赤血球を保存する冷蔵庫。すごく寒い!
naruhodo-7.png

 病院に血液を届ける車も近くで見れたよ。
naruhodo-8.png

◇「なるほど献血教室」が終わってのみんなの感想です。

『血液のことは学校の授業でも習ったけど、ここまで詳しく習いませんでした。
 自由研究に書こうと思います。』(小6)

『バスの中で献血出来ることがすごいと思った。』(小4)

『将来献血して、病気の人を助けたい。』(小5)

『まひろちゃんのテレビを見て、献血は大切なんだと思った。』(小4)

『私の父も白血病でたくさんの人の献血のおかげで、
 今仕事に復帰できたことがよく分かりました』(小6)  

C-006.png


参加してくれたみんな、
本当にありがとうございました!
大きくなったら、ぜひ献血してね!

日本赤十字社が実施する血液事業の運営体制が変わります。

2011年8月10日 20:04

このたび日本赤十字社が実施する血液事業の運営体制につきまして、各都道府県の血液センターによる事業運営体制から、ブロックを単位とする広域的な事業運営体制へ移行することといたしましたのでお知らせいたします。
    kouiki-1.png
    kouiki-2.png
      

カテゴリー:
バックナンバー
記事検索