2011年2月アーカイブ

「日本赤十字社中四国ブロック血液センター(仮称)・広島県赤十字血液センター合同社屋」の起工式の実施について

2011年2月25日 20:52

 本日、血液製剤のさらなる安全性の向上および、効率的な事業運営を目指して、広島市中区千田町2丁目5番5号で計画している
「日本赤十字社中四国ブロック血液センター(仮称)・広島県赤十字血液センター合同社屋」
の起工式を同敷地内で執り行いましたので、お知らせいたします。

なお、「日本赤十字社中四国ブロック血液センター(仮称)・広島県赤十字血液センター合同社屋」の竣工は平成24年5月中旬を予定しております。


【完成イメージ図】
ag.jpg

カテゴリー:

福山市内の高等学校で献血講演会 パート3

2011年2月 7日 13:55

 平成23年1月12日(水)県立松永高等学校で 献血講演会が行われました。
広島県内では福山英数学館高等学校(平成22年7 月21日)、銀河学院高等学校(平成22年11月20日)に引き続き、今年度3回目の開催です。
3年生と関係者を含め約100名が献血推進DVD「ゆきみ」の 主人公である岡本崇さん(和歌山県在住)の体験談と DVD「ゆきみ」を視聴しました。
この講演会は、和歌山県赤十字血液センターの協力を得て全国各地で行われていますが、広島県でも若者たちの献血離れを少しでも食い止めようと福山フラワーライオンズクラブが企画して行われました。





koen.JPG
   献血講演会の様子(県立松永高等学校)

yomiuri.JPG
   読売新聞記事(平成23年1月15日)


          
今回の講演会は報道機関が取材されるなかで行われましたが、終わりにライオンズクラブのメンバーが演奏するフルートにあわせて「千の風になって」の歌を披露され、生徒会長また教頭先生からも感謝の言葉が送られるなど大変感動的なものとなりました。

DVD「ゆきみ」:3歳で小児ガンが腹部に再発。しかも血液型はRhマイナス。愛する娘幸美さんの闘病を通し、父親・岡本崇さんの体験をもとに制作された人間のドラマ。(日本赤十字社 献血推進ビデオ)

カテゴリー:
バックナンバー
記事検索