2010年8月アーカイブ

平成22年度広島県献血推進大会を開催しました

2010年8月30日 11:16

 平成22年7月22日(木)、鯉城会館(広島市中区)において、広島県献血推進協議会・広島県・日本赤十字社広島県支部主催の「広島県献血推進大会―献血感謝のつどい―」を開催しました。
 この大会は、7月に全国展開している「愛の血液助け合い運動」の一環として実施しているもので、今大会では、長年にわたり献血推進に献身的にご協力していただいている献血協力団体等への感謝状・表彰状の贈呈と、県内中・高校生を対象に募集した献血推進ポスター入賞者の表彰が行われました。
 会場には献血推進ポスター入賞作品が展示され、参加者に披露されました。

感謝状・表彰状贈呈団体・個人はこちら【PDFファイル】
ポスター入賞作品はこちら【PDFファイル】

CIMG1208.JPG CIMG1347.JPG
       ・城納広島県副知事                  ・会場の様子
 


特別講演ではドキュメンタリー『ありがとう!って、いっぱい言わせて』の制作に携われたTSSプロダクションマネージャーの地蔵堂充様をお招きしました。広島赤十字・原爆病院のクリーンルーム(無菌室)で白血病と闘っている、山元茉央ちゃん(4歳)の姿を通し、献血者が減少し続けている現状を伝えるとともに、私たちにできること、そして、みんながつながっていることを伝えていただきました。


CIMG1338.JPG CIMG3631.JPG
       ・地蔵堂充様                  ・広島県赤十字血液センター 沖田所長

当日は、150名を越える県内の献血推進団体関係者が出席され、盛大な大会となりました。

カテゴリー:

「なるほど献血教室」を開催しました

2010年8月12日 08:52

 平成22年7月27日(火)〜29日(木)の3日間、血液センター(広島市中区)において、小学4年生から6年生の児童とその保護者を対象に、血液センター見学会「なるほど献血教室」を開催しました。
 この見学会は、血液や献血について興味を持っていただき、血液センターの役割を理解していただくことを目的に、平成14年から開催しています。今年は3日間で105組、265名にご参加いただきました。

 教室では「けんけつちゃん」や「ちーぴっと」の登場するスライドで血液・献血、血液センターの仕事を学習した後、血液センターを見学しました。

「なるほど献血教室」の様子をご紹介!
◆ちーぴっとがお出迎え◆
ちーぴっとお出迎え いらっしゃい

◆スライド学習◆ 血液のこと、献血のこと、血液センターの仕事について勉強したよ。
スライド学習1 スライド学習2
DVD視聴

◆所内見学◆
◇採血課◇ 献血バスの中を見学。看護師さんから献血の流れを聞いたよ。
献血バスの中 献血するよ

◇検査課◇ 検査課ではなにを検査するのかな? 血液型の検査の方法を見せてもらったよ。
検査課のお話 この血液は何型?

◇製剤課◇ 血液を成分ごとに分けているんだ。
製剤課のお話 献血された血液を分離します

◇供給課◇ 患者さんに届けられる前の血液を見たよ。
ホンモノの血液だ 血液がいっぱいの冷蔵庫

◇献血輸送車◇ 献血バスや献血輸送車を間近で見て、写真も撮ったよ。
献血バスって大きいね 献血輸送車に乗って記念撮影

◆○×クイズ◆ 今日習ったことをクイズで復習。
○×クイズでおさらいするよ ○かな×かな

見学会を終えての、みんなの感想を紹介します。
◇献血は人の命が助かるということがわかりました。
◇血液が足りなくて死んでしまう人を1人でも多く助けたいです。
◇大きな針は怖いけど、患者さんのために献血したい。
◇献血のことを友達に教えてあげたい。
◇よく母が献血していて「?(疑問)」だったけど、今日学習して母が献血する理由がよく分かった。

 期間中、たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。
みんな、大きくなったら献血に協力してね!

カテゴリー:
バックナンバー
記事検索