2008年8月アーカイブ

小学生見学会「なるほど献血教室」を開催しました

2008年8月12日 12:56

 平成20年7月31日(木)・8月1日(金)・4日(月) の3日間、血液センター(広島市中区)において、小学4年生から6年生の児童とその保護者を対象に血液センター見学会を開催しました。この見学会は、血液や献血について興味を持っていただき、血液センターの役割を理解していただくことを目的に、平成14年度から行なっています。今年は3日間で243名の児童と保護者の方にご参加いただきました。
お勉強
 教室では「けんけつちゃん」や「ちーぴっと」の登場するスライドで血液・献血、
血液センターの仕事を学習した後、血液センターを見学しました。

「なるほど献血教室」の様子をご紹介!
ちーぴっとお出迎え いらっしゃ〜い
受付では「ちーぴっと」がみんなをお出迎え♪

◆スライド学習◆
スライド学習 アンパンマンのエキス上映
スライドを見ながら学習。              「アンパンマンのエキス」をご覧頂きました。

◆所内見学◆
◇献血バス◇
献血バスの見学1 献血バスの見学2
「バスの中で献血できるんだ」           「ベッドの寝心地は? こうやって献血するよ」

◇検査課◇
検査課の見学 検査機器
「ここで血液を検査しています」           「大きな機械が沢山あるね!」

◇製剤課◇
製剤課の見学 分離した血液
「献血された血液を分離しているよ」        「ホンモノの血液! 2層に分かれているね」

◇供給課◇
供給課の見学 血液保管庫
「これが血小板。見えるかな?」          「赤血球を保存する部屋は4℃! 寒いよ」

◇献血輸送車◇
献血輸送車 記念撮影
「この車で血液を病院に運んでいます」      献血輸送車に乗って記念撮影♪

◆○×クイズ◆
クイズの様子 ○かな×かな
クイズで今日のおさらいをします。         「さぁみんな考えて!○かな、×かな?」

見学会を終えての、みんなの感想の一部です。
◇血液が骨(骨髄)でつくられているとは知らなかった。
◇献血から輸血まで、たくさんの人が働いて病院に届けられることに驚いた。
◇血液を必要とする人には献血が必要だと分かった。
◇「アンパンマンのエキス」を見て、16才になったら私も病気の人に血液を分けてあげたい。

また来てね
期間中、たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。
みんな、大きくなったら献血に協力してね!

カテゴリー:

平成20年度広島県献血推進大会を開催しました

2008年8月12日 12:14

 2008(平成20)年7月30日(水)、広島県と日本赤十字社広島県支部主催の「広島県献血推進大会(献血感謝のつどい)」が、八丁堀シャンテにて開催されました。この大会は、7月の1ヵ月間全国展開している「愛の血液助け合い運動」の一環として開催され、長年にわたり献血推進にご尽力いただいている献血協力団体等への感謝状・表彰状の贈呈と、県内の中・高校生から寄せられた献血推進ポスターの入賞者の表彰が行なわれました。
また会場には献血推進ポスター入賞作品が展示されました。入賞作品はこちら【PDFファイル】

大会の様子1 大会の様子2

特別講演『命のリレー アンパンマンのエキス』では、お子様の小児ガンによる闘病生活を体験されたお母様を講師にお迎えし、命の尊さ、献血の必要性を語っていただきました。

特別講演

アンパンマンのエキスについてはこちら↓

アンパンマンのエキス

当日は、150名を超える県内の献血協力団体関係者が出席され、盛大な大会となりました。

カテゴリー:
バックナンバー
記事検索