学術・品質情報課の最近のブログ記事

学術・品質情報課 品質情報係より、品質保証についてご紹介します

2017年3月17日 13:21

 品質情報係では、献血から製造、供給に至るプロセスにおける各業務で発生する「品質関連情報」を、収集・分析し、品質に関わる業務が間違いなく遵守されていることを第三者的な立場で確認しています。

 では、品質関連情報とは具体的に何を指しているのでしょう?
 その一つに教育訓練があります。決められた手順どおりに作業することは、とても重要です。献血していただく方から採血する際の手順や、血液製剤を医療機関へ供給する際の手順など、事細かに決められています。
 カップ麺の作り方に例えてみましょう。

gaku01.PNG
 ①のように作ると、普通のカップ麺ができあがります。では、②の作り方はどうでしょう。

gaku02.PNG

 作り方の手順が入れ替わっています。これでは、おいしく食べられません。では、③の作り方はどうでしょう。

gaku03.PNG

 順番は変わっていませんが、①の作り方とはお湯の量、待ち時間が異なるので、味が変わってしまいます。これは、血液製剤では品質が変わってしまうことを意味します。
 このように、手順どおり作業をすることは、血液製剤の品質保証につながるため、様々な手順についての教育訓練を定期的に行っています。
 品質情報係では、教育訓練が計画どおり確実に実施されているかを確認しています。

カテゴリー:

学術・品質情報課 学術係 ~広島県合同輸血療法委員会~

2016年6月 1日 11:37

以前の記事では、学術係の仕事のひとつとして、医療機関の方々を対象とした輸血に関する説明会についてご紹介しました。今回は、学術係が広島県薬務課とともに事務局を行っている「広島県合同輸血療法委員会」についてお話しします。

各都道府県において、輸血医療を実施している医療機関、血液製剤を供給している赤十字血液センター、そしてそれらを管轄する行政の三者による「合同輸血療法委員会」を組織しています。
広島県は、平成23年に「広島県合同輸血療法委員会」を設置し、毎年開催している委員会や研修会を通して輸血医療に関わる様々な問題点を共有し、安全で適正な輸血療法の推進に努めています。
平成27年度の主な取り組みとしては、
・輸血前後の感染検査実施手順書および輸血手帳の作成
・輸血前後の感染症検査実施状況および実施率向上に向けた取り組みの報告
・広島県内で発生した輸血副作用の事例報告
などがあります。
(広島県合同輸血療法委員会の情報は広島県のホームページに掲載しています。)

今後も、患者さんが安心して輸血医療を受けることができるよう、様々な取り組みを実施していこうと考えています。

H28gakujutsu.PNG

カテゴリー:

「学術係の仕事」

2015年2月19日 18:56

top.png

私たち学術・品質情報課は、「学術係」と「品質情報係」の2係で構成されています。
「品質情報係」については、以前の記事で仕事内容をご紹介しました。
今回はもうひとつの係「学術係」の仕事についてピックアップしていきます。

みなさんご存知のとおり、献血でいただいた血液は医療機関に届けられ、患者さんに輸血されます。
学術係は、医療機関からの輸血に関するお問い合わせに答え、情報提供を行っています。

学術係の仕事のひとつに、医療機関の方を対象とした輸血についての説明会があります。
献血者の方からいただいた貴重な血液を適正かつ安全に使用していただくためには、医療機関の方のご理解とご協力も欠かせません。
輸血時の注意事項や、院内での血液製剤の保管管理など、輸血や血液製剤に関するさまざまな内容を医療機関の方へ情報提供しています。

book.png

医療関係者向け情報サイト「日本赤十字社 医薬品情報」では、輸血や血液製剤に関する情報を掲載しています。医療機関の方は是非ご参照ください。

カテゴリー:

☆学術・品質情報課 品質情報係から、品質保証についてご紹介します☆

2013年6月27日 10:24

gakujutu setumei.png
 献血から製造、供給の各業務の過程で発生する「品質関連情報」を、品質情報係が収集・分析し、品質に関わる業務が適切なプロセスで処理されていることを第三者的な視点で確認しています。

では、品質関連情報とは具体的に何を示しているのでしょう?

 その一つに温度管理があります。血液製剤は温度管理がとても大切です。献血者の方からいただいた血液の輸送や医療機関への供給に使用する搬送容器、血液製剤を保管するための保管庫等について、各部署で適切に温度管理がされています。この温度管理を品質の保持を目的として定期的に検証しています。

gakujutu kenketuchann.PNG

カテゴリー:

品質情報係の紹介

2012年7月 2日 12:00

☆☆今回は品質情報係について、ご紹介します☆☆

 平成24年4月から学術課が学術・品質情報課として新しく生まれ変わり、品質情報係が新たにできました。 

主な業務内容は?

 輸血用血液の品質を保証するための様々な情報を収集・調査・報告することです。その中でも輸血用血液の品質を保証するために、献血から輸血までのそれぞれの作業には定められた手順書があります。
その手順書の制定や改訂などを管理することが品質情報係の主な業務の1つです。
輸血用血液の品質を保証するための作業と手順書の関係を図に示すと、以下のようになります。
2012gaku1.png
このサイクルを繰り返しながら、常に改善し輸血用血液の品質を保証していくことが、輸血用血液の安全につながります。

仕事の様子
2012gaku2.png
毎日、沢山の手順書に囲まれながら仕事をしています。

カテゴリー:
記事検索