採血課の最近のブログ記事

正しい手洗いで病気を予防しましょう!!

2017年1月30日 12:19

 今年も、インフルエンザ・ノロウイルスの流行期に入りました。
 私たちは、日常生活の中で手を洗うことが多くありますが、一見きれいに見えても手には細菌やウイルスなどの病原体がたくさん付着しています。
 
 今回は、採血課から手洗いの注意点についてお話しします。

 ハンドソープ・石鹸で洗い残しのないよう丁寧な手洗いをお勧めします。
 手洗いで予防できる病気は多くあります。

 手洗いの実際

saiketsu01.PNG

 《プチ情報》                (インターネット ヘルス大学より)
 水だけの手洗いは効果があるか?
 ハンドソープを使った手洗いと水だけで洗った手洗いの後、弁当をつくった場合の比較
 ・水道水の流水で、3~10秒間洗い、手拭用タオルを使用
 ・ハンドソープを使用し、手洗いを30秒、その後水道水を使ってすすぐ

 結果
 水だけの手洗いの場合、作った直後でも400個~5,300個/1gの雑菌が検出され、常温(25℃)で6時間置いた場合、最大200万個の雑菌が検出された。
 ハンドソープを使った手洗いの場合、多くのおかずで雑菌が検出限度以下になり、常温で6時間置いた場合、雑菌の検出数は200個~1,500個にとどまった。

 洗い残しが起こりやすい部位

saiketsu02.PNG

カテゴリー:

レッグクロス運動(下肢筋緊張運動)にご協力をお願いします!!

2016年3月15日 16:06

  血液センターでは、献血に伴う気分不良やめまいなどの副作用を予防するために、昨年10月末より全血採血(400mL、200mL献血)の方を対象に、レッグクロス運動への協力をお願いしています。

レッグクロス運動とは? 
 足を交差した状態で採血ベッドの上で、足の筋肉に力を入れることと緩めることを繰り返し行う運動です。
  この運動を繰り返すことで全身の血流が良くなり、献血に伴う副作用を予防する効果があります。


regcross2016.png

 献血にご協力いただく皆さまの安全を守るために、ご理解とご協力をお願いいたします。

カテゴリー:

健康増進キャンペーンを実施します

2015年2月 2日 11:06

top.PNG
近年わが国では、生活習慣病といわれる一連の疾患が増加しており健康上の課題となっています。

また、献血の採血基準であるヘモグロビン値が不足し献血ができなかった方は、年間約1万2千人に達しています。(広島県の平成25年度実績より)

以上のことから、【健康増進キャンペーン】で、献血に参加していただく方の生活習慣病予防及びヘモグロビン不足の改善を軸に健康増進支援をしていきます。
menu.PNG
list.PNG

期間:平成27年2月9日(月)〜平成27年2月28日(土)

時間:各ルームの受付時間内

♪ 体験または参加いただいた方全員に、粗品進呈 ♪

健康を維持し継続的な献血へのご協力をお願いします。

カテゴリー:

脂肪肝のお話   〜BMIで適正体重を知ろう〜

2013年11月 1日 18:00


わが国では、生活習慣病といわれる一連の疾患が増加しています。
それと共に肝臓の生活習慣病とされる脂肪肝も増加傾向にあります。
献血後の検査サービス結果のALT値が上昇している場合、注意が必要です。

脂肪肝にはアルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝があります。

saiketu201301.PNG

軽い脂肪肝であれば、生活習慣を見直すことで比較的簡単に改善します。
まずは、BMIでご自身の適正体重を知りましょう。

☆BMI(Body Mass Index)とは、身長と体重から算出される体格指数☆
BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)


BMIが18.5〜24.9の場合普通体重、25以上は肥満と判定します。
BMI早見表はこちら(日本肥満学会2000 肥満度の判定基準参照)

BMI25以上の方、
手軽にできる継続的な「運動」を日常生活の中に取り入れ、「食生活」を見直し、
2kgの減量を目指すことから始めましょう!

saiketu201302.PNG

カテゴリー:

400mL・200mL採血の流れについて(採血課からご案内します)

2012年10月12日 12:00

 今回は採血課から400mL・200mL採血の流れについてご案内します。
 (※輸血用血液の安全性を高めるため、採血の際に皮膚消毒や初流血採取をしています。)

201210saiketsu.png

<皮膚消毒>
消毒用綿花を用いて、採血部位を中心に直径10cmの範囲を消毒し、あらかじめ皮膚の汚れを落とします。
その後、ポビドンヨードエタノール液で、直径6cmの範囲を消毒します。


<採血>
針が太いために、針を刺す瞬間は、「チクッ」としますが、針を刺した痛みは、ゆっくり緩和されていきます。


<初流血採取>
皮膚の毛穴の奥まで完全に消毒することができないため、採血直後の血液(初流血:約25mL)には、細菌が混入している可能性があります。細菌が採血バッグに入らないように、別のバッグに初流血を採取します。その血液は、検査用に利用しています。


採血装置を使って、採血を行います。
400mL採血の所要時間は、約10分です。
201210saiketsu01.png


カテゴリー:

広島県栄養士会による『献血者健康相談の開催』について

2011年7月25日 20:11

広島県栄養士会による『献血者健康相談』を実施中です。
201108.png



     【期間】

       平成23年7月1日 〜 平成24年2月29日

     【場所・日時】

       本通出張所      福山出張所
       毎週木曜日      第2日曜日
       (祝祭日を除く)

           AM10:00 〜PM5:00

     【内容】
       『低へモグロビン値・ALT値・GA高値・血圧等に
        より献血が出来なかった』方への食事指導




携帯やデジタルカメラで、食事内容を写して持参して頂ければ、食事内容のバランス
チェックがより詳しく出来ますよ!!

カテゴリー:

★☆フィッシュ活動☆★

2010年11月 1日 08:30

採血課では、昨年"フィッシュ哲学"を学び、職場の活性化のためにフィッシュ活動に取り組んでいます!

フィッシュ哲学とは・・・? >゜)))彡 >゜)))彡
 アメリカ、シアトルに実在するパーク・プレイス魚市場で働く人たちの態度や行動のもとになっている考え方です。この魚市場が倒産寸前だった時、オーナーとスタッフは「世界的に有名になる」というビジョンと、そのための4つの秘訣を決めて活気ある職場へと生まれ変わりました。この秘訣はシンプルでどなたでも実践できます。
20101101_01.jpg


採血課での取り組みをご紹介します!!
≪その1≫ 始業前に「にこにこ顔・ぷんぷん顔」の掲示を見て、今日の態度を選んで仕事をします。>゜)))彡 >゜)))彡

s2.jpg

≪その2≫ 検診車内にの飾りつけを行い、献血者の方に楽しんでもらいました。>゜)))彡 >゜)))彡

s3.jpg

≪看護師以外にも楽しんでもらいました!!≫>゜)))彡 >゜)))彡

s5.jpg

カテゴリー:

「学会認定・自己血輸血看護師」に、当センターの看護師2名が認定されました。

2009年11月 4日 09:53

20091030-1.png20091030-2.png



20091030-3.png



20091030-4.png
輸血の種類

 輸血には、献血による他人の血液(同種血)を使用する同種血輸血と、患者自身の血液を事前(手術前)に採血・保管し、使用する自己血輸血があります。

   ★同種血輸血:血液センターで採血した血液
   ★自己血輸血:手術のあることが前提で、各医療施設で採血した血液

                           20091030-5.png20091030-6.png

20091030-4.png
学会認定・自己血輸血看護師制度の目的は

 教育を受けた各医療施設の医師あるいは看護師が、採血時の細菌汚染や副作用などの危険性を回避して、血液センター同等の安全な自己血輸血用の血液を採血することが目的です。
 日本自己血輸血学会と日本輸血・細胞治療学会は日本赤十字社の協力のもと、学会認定・自己血輸血看護師制度を設立しました。

20091030-7.png         
             

カテゴリー:

☆女子大生を対象とした『献血教室』を実施しました☆

2008年11月 5日 09:22

大学献血に行くと、献血にご協力いただくことができない女子大生が多くいらっしゃいます。

そこで・・・
平成20年6月より、大学の献血会場において、献血に興味を持ち参加したが何らかの理由で献血にご協力いただくことができなかった女子大生を対象に『献血教室』を開始し、看護師による保健指導や献血の説明等を行っています。


健康の三大要素、食事・運動・睡眠について振り返り、

心と身体のバランスがとれた健康美人になりましょう!


献血していただいた血液は、輸血を必要とする患者さんに使用されます。
日本は少子高齢化社会となり、これまで以上に若い方の理解と協力が必要となってきています。
女子大生の皆さん! 健康な身体を維持し、献血にどんどん協力してくださいね。

自分が健康であることで人の命を救うことができるなんて、素敵なことだと思いませんか?



〜〜献血教室風景〜〜


school1.pngschool2.png

school3.png

カテゴリー:

☆高校献血において『献血教室』を実施しました☆

2007年11月 1日 09:28


高校献血に行くと、高校生からよくこのような声を聞きます。

「友達についてきたけど、献血ってなに?」
「血液とってどうするん?」
「この血液で誰か助かるの?」


『献血』を知らない高校生のために、平成19年7月から『献血教室』を実施しています。
高校献血当日、看護師による健康な身体作りのアドバイスや、『献血』の説明等を行っています。


『献血』でいただいた血液は、輸血を必要とする患者さんに使用されます。
日本は少子高齢化社会となり、これまで以上に若い方の理解と協力が必要となってきています。
高校生の皆さん! 健康な身体を維持し、献血にどんどん協力してくださいね。
なお、『献血教室』を希望されるときは、事前にご相談下さい。


自分が健康であることで人の命を救うことができるなんて、

素敵なことだと思いませんか?



〜〜献血教室風景〜〜

saiketu1.JPGsaiketu2.JPG
saiketu3.JPGsaiketu4.JPG

カテゴリー:
記事検索