供給課の最近のブログ記事

安全な血液の供給4

2016年11月 4日 13:52


 前回までの記事で、血液製剤についてご紹介してきました。kyokyu01.PNG
 今回は、血液製剤の配送についてご紹介します!



●広島県内全ての医療機関に配送します!
 広島県赤十字血液センターでは現在17台の献血運搬車を保有しており、(広島センター11台、福山供給出張所6台)
 広島県内全ての輸血を必要とする医療機関へ血液製剤を配送しています。
 他、隣県の血液センターとの中継にて血液を受け渡すこともあります。

kyokyu02.PNG

●緊急時には、サイレン!kyokyu03.PNG
 患者さんの容態の急変、緊急手術や大きな事故が発生した時などには緊急を要する要請も入ります。
 医療機関からの要請でパトライトを点灯し、サイレンを鳴らしながら、緊急走行にて配送します。(緊急自動車)

~緊急自動車ってなんだろう?~
 緊急自動車の定義は、道路交通法第39条第1項括弧書きに「政令で定める自動車で、当該緊急用務のため、政令で定めるところにより、運転中のものをいう」と規定されています。
 つまり、緊急自動車は、
 1.公共、公益的な機関の自動車(道路交通法施行令第13条で限定)で公安委員会の指定申請が済んでいる車であること
 2.それぞれの緊急用務を遂行する目的 であること
 3.サイレンを鳴らし、かつ、赤色警光灯をつけて走行していること
 4.運転中であること
 のものをいい、この4つの要件を満たしてはじめて法令上の緊急自動車となり、各種の優先や特例を受けることとなります。

 当センターの車も、道路交通法施行令第13条により、パトカーや救急車、消防車のように緊急を要する際にはサイレンを鳴らしながらの運転が許可されており、一日平均1~2件ほどの要請があります。

kyokyu04.PNG

 緊急走行中は、追い越し禁止区域での追い越しや、赤信号での交差点等の進入など、いくつかの特例が認められています。
 とはいえ、運転に危険はつきものです。
 サイレンの音に気づかず、歩行者や車が停車している車の陰から飛び出してきたり、たくさんの車が行き交う大きな交差点を対向車等に注意しながら進んだり・・・。サイレンを鳴らしているからといって注意を怠っていては大きな事故につながります。
 毎朝のミーティングで日々の安全運転の喚起を行ったり、勉強会を開催し、危険予測等について学ぶなどして事故防止に努めています。

 みなさんにはご迷惑をお掛けすることも多々あるかとは思いますが、患者さんのもとに少しでも早く血液製剤を届けるために、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします!

カテゴリー:

<安全な血液の供給3>

2015年11月 5日 17:25

前回前々回の供給課担当の記事で赤血球製剤、新鮮凍結血漿製剤の輸送について紹介しました。今回は、血小板製剤の医療機関への輸送について紹介します!

●血小板(けっしょうばん)とは?
 血小板は、血液に含まれる成分の一種です。ケガ等で血管が傷ついて出血した時、傷ついた部分を見つけて張りつき、出血を止めます。
 血小板輸血は、血小板成分を補充することにより止血を図る、又は出血を防止することを目的として行われます。このため血小板製剤は主に白血病や血小板が減少する病気の患者さんに輸血されます。
 血小板製剤の有効期間は採血後4日間と、血液製剤(赤血球、新鮮凍結血漿、血小板)の中で最も短いものです。20℃〜24℃の振とう機で軽く揺らしながら保管します。

 ※血小板製剤を揺らしながら保管する理由
 血小板製剤を静置保存しておくと、血小板の代謝によって生じる成分が原因となって血小板に傷害が起こり、輸血効果が低下するからです。

pict1.PNG

振とう機が動く様子を見たい方は下記からご覧いただけます。

(データサイズ約1MB、ファイル形式wmv)

●梱包の方法
梱包には①専用のバッグ、②専用のマット、③血小板保温剤を使用して、20℃〜24℃の状態を保てるように梱包し、医療機関へ輸送します。

pict2.PNG
pict3.PNG
pict4.PNG
pict5.PNG

カテゴリー:

<安全な血液の供給2>

2014年10月20日 16:28

私たち供給課は、特殊なバッグの中にそれぞれの血液製剤に適した温度環境を作り、医療機関へ血液製剤を運んでいます。

car.png

前回は赤血球の輸送について紹介しました。今回は、新鮮凍結血漿の医療機関への輸送について紹介します!

・新鮮凍結血漿
新鮮凍結血漿は、-20℃以下で凍っているため、ガラスのように割れやすい血液製剤です。そのため、取り扱いは慎重にしなければなりません。梱包方法は、下から順番にドライアイス(図1)、エアーキャップ(プチプチ)、新鮮凍結血漿(図2)、エアーキャップ(プチプチ)、ドライアイスを乗せます。


box.PNG

新鮮凍結血漿は、このように丁寧に梱包し、医療機関へ運んでいます。
次回は、血小板の輸送についてご紹介します!

カテゴリー:

<血液製剤の梱包について(赤血球編)>

2014年4月23日 11:58

供給課では、皆様から献血していただいた多くの血液製剤を医療機関に運ぶだけでなく、適切な温度管理のもとで、保管していることは以前ご紹介しました。
 今回は、赤血球製剤を医療機関に運ぶ際の温度を保った梱包方法についてご紹介します。皆様から頂いた血液を私達供給課は、いつも大切に保管しています。

seizai-big.png


普段は上記のように、血液製剤に適した保管場所に有効期限の日付や血液型別などに分けて保管しています。

そして、医療機関に血液製剤を運ぶときは、小型冷蔵庫や冷蔵車で運ぶのではなく、ひとつひとつの血液製剤の温度を保てるように施し、かつコンパクトにしています。

では、どのように運んでいるのでしょうか?


今回は、赤血球製剤の梱包の仕方を紹介します!
赤血球製剤は2〜6℃に保つように、まず(ビニール袋にいれた)氷を入れ、その上に直接氷が当たり冷たくなり過ぎないようにクッションで赤血球製剤を挟み、一番上にもう一度氷を入れます。適切な温度を保つために、氷は全て定められた量を入れています。

bag-b.png

皆様から献血いただいた血液は、このように丁寧に梱包し、適切な温度管理の下で、供給課職員によって医療機関に運ばれます。

カテゴリー:

供給課の紹介

2012年12月19日 10:01

今回のセンター便りは、供給課です。
今年の10月から新社屋に移転し、供給課の仕事と新しくなった施設について紹介します。

201212kyokyu01.png

輸血用血液製剤の要請が、医療機関から1日100件以上あります。

201212kyokyu02.png

201212kyokyu03.png
 
201212kyokyu04.png201212kyokyu05.png
 
作業スペースが広くなり、血液製剤を保存する冷蔵庫や冷凍庫も新しくなりました。

201212kyokyu06.png

201212kyokyu07.png
 
献血運搬車です。

201212kyokyu08.png

201212kyokyu09.png
 
 
 
医療機関への配送も行います。


 
201212kyokyu10.png201212kyokyu11.png
 
このようにして、血液製剤は輸血を必要とする患者様に届けられています。

     供給課職員一同、迅速かつ安全に、血液製剤の供給に努めています。

カテゴリー:

はい 血液センター供給課です

2011年11月 1日 00:00

紹介コメント.png
gazo1.png
gazo2.png
gazo7.png
gazo8.png
gazo5.png
gazo6.png

カテゴリー:

血液製剤の安定供給について

2010年8月 1日 17:09

mondai.png

比較的、規模の小さな血液センターほど、医療機関からの要請に対し、過不足なくコントロールすることが難しくなっています!

少子高齢化が進む中、(輸血割合が高い)高齢者人口の増加と、輸血必要量を支える献血可能人口の減少により、輸血に必要な献血血液の確保は、地方ほど困難になることが懸念されます!



anzen.jpg


これまでのように、都道府県単位で需要(輸血の要請に対する採血)と供給(血液製剤の届け)を完結するのではなく、隣接する複数の都道府県を1ブロックとして、司令塔となるブロックセンターのコントロールの下、ブロック内で需要と供給を完結できる体制を整備することとなっています。


line.png


kyokyu.jpg


※現使。※



供給課では、地域的な輸血用血液の過不足や血液型によるかたよりなどを調整したり、まれな血液型などに対応するため、全国規模での需給調整を行い、円滑な供給に努めています。

 平成24年度からの中四国ブロック業務集約化に先駆け、平成22年3月より、これまで4県(広島・山口・愛媛・島根)で行っていた血小板の広域的な一体運用を、中四国9県で行う、より広域的な一体運用体制へと発展させました。

このことにより、献血血液の有効利用が図られ、輸血用血液製剤の期限切れを減少させることが期待でき、より献血者の皆さまの善意に応えることが出来ると考えています。

カテゴリー:

〜安全な血液の供給〜

2009年8月 1日 00:00

kyokyu1.png

☆1年365日休みなく24時間体制で、医療機関からの要請に対応しています。
☆輸血用血液製剤や血漿分画製剤は、医療機関に供給されるまでの間、それぞれの製剤に適し
  た温度の冷蔵庫や冷凍庫などで品質を維持して保管しています。
☆地域的な輸血用血液の過不足や血液型によるかたよりなどを調整したり、まれな血液型な
  どに対応するため、全国規模での需給調整を行い、円滑な供給に努めています。

kyokyu2.png
kyokyu3.jpg

カテゴリー:

はたらくぼくらの供給カー

2008年8月 1日 12:00

car1.png


car2.png
car3.png
car4.png
car5.png
car6.png
car7.png

カテゴリー:
記事検索