総務課の最近のブログ記事

総務課のお仕事 ~研修・職場体験などの受入れ~

2016年6月17日 10:53


 みなさんこんにちは!
 総務課のお仕事について、今回は「研修の受入れ」業務をご紹介します。

 血液センターでは各種研修や学校の職場体験などの受入れをしており、総務課は、その受入れ窓口となっています。
 対象は、病院からの研修生や、中学校・高校の職場体験、また大学の実習生などさまざまです。海外からの研修生を受け入れることもあります。
 具体的には、先方や所内各部署とスケジュールの調整をしたり、中四国ブロック血液センター製剤・検査部門に見学の依頼をしたり、資料の準備をしたりするなど、当日の研修がスムーズに運ぶように準備しています。


 【1日職場体験のスケジュール】       H28soumu.PNG
 

 9:00 献血に関するDVD視聴
 10:00 赤十字プラザ見学
 10:30 製剤課・検査課の仕事見学
 13:00 献血ルーム「ピース」献血の呼びかけ、献血の受付の仕事体験
 15:00 血液の受注・搬送の仕事体験


   
 【職場体験に参加された方の声】
 「献血によってたくさんの命が救われることと、献血の大切さを学ぶことができました。私も16歳になったら献血をしようと思いました。とても良い経験ができました。」
 「体験学習の中で、献血から輸血までの間に、とてもたくさんの工程があり、たくさんの方々が一人でも多くの人の命を助けるために一生懸命働かれている姿が印象に残っています。」

 研修をきっかけに献血の協力をしていただいたり、職場体験がきっかけで将来血液センターで働きたいと思っていただけたり・・・地域に貢献できるという点でやりがいのある仕事です。
 学校の先生方におかれましては、職場体験の依頼を随時募集しておりますので、ご興味があれば、こちらの連絡先へご連絡ください。

 また、血液センターでは、夏休みに小学生を対象とした「なるほど献血教室」を開催しています。他にも、血液センターの施設見学(一般の方向け)や、学校での「献血セミナー」も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください!

カテゴリー:

総務課のお仕事 〜ホームページ運営管理〜

2015年5月25日 13:23

縁の下の力持ち、総務課です!
総務課の仕事は幅が広く、多岐におよびます。
今回はその一部である、ホームページの運営管理についてご紹介いたします。

当センターでは、ホームページの記事を更新するときにはその内容について「ホームページ編集委員会」で審議しており、総務課はその事務局となっています。
soumu.PNG
【記事掲載までの流れ】
担当課が記事を作成
    ↓
事務局が取りまとめ
    ↓
月に一回ホームページ編集委員会開催! 
  ・内容に誤りがないか、みている人に伝わる内容か
   などを審議しています。
    ↓
 記事修正
    ↓
 掲載準備
    ↓
ホームページ掲載!

定例の委員会まで待てない場合は臨時の委員会を開催することもあります。

よりよい記事にするため、少し時間がかかることも・・・なるべく迅速に掲載できるように心がけています。

「お知らせ」は直近のイベント情報などを、「センター便り」は血液センターがどんな仕事をしているかを発信しています。

今後とも当センターホームページをよろしくお願いいたします。

カテゴリー:

新入職員紹介

2014年4月28日 10:14

 4月1日に辞令交付式が行われ、7人の新規採用職員が広島県赤十字血液センターの一員となりました。当センターの職員として働く新入職員の意気込みを一部ご紹介します。


「献血者の皆さん、職場の先輩、同僚に信頼される看護師になれるよう日々努力していきたいと思います。(採血課 看護師)」


「献血者の皆さんと患者さんとを繋ぐという意識を忘れず、常に思いやりの心をもって仕事に励みます。(もみじ 受付)」


「自分らしさを活かしながら、同僚や献血者の皆さんにとって頼れる存在になれるよう、一歩ずつ成長していきたいです。(ピース 受付)」


「赤十字職員としての自覚と責任を持って仕事をしていきます。(採血課 看護師)」


「コミュニケーションを大切にし、仕事に対して責任とやり甲斐をもって働きます。(採血課 看護師)」


「赤十字社職員としての自覚と責任をしっかり持ち、明るく元気に頑張りたいです。(供給課 事務職員)」


newcommer.png


 ここで、新入職員に向けての採血課長からのメッセージもご紹介します。
「新入職員の皆さん、ようこそ、広島県赤十字血液センターへ。
皆さんの個性が発揮できるよう、また、おのおのの夢が叶うよう私達が責任を持って支援します。『仕事を思う存分、楽しむ。』という気持ちを持ち続けていただきたいものです。」

これから献血ルームや献血バスで新入職員を見かけることがございましたら、ぜひ声をおかけ下さい。


カテゴリー:

新入職員Oさんが行く!総務課お仕事レポート☆

2013年8月21日 17:00


今年の春から総務課配属になりました、フレッシュ(?)なOさんが、総務課の業務をレポートします!

o-san.bmp
** Oさん **  担当:現金出納、ゴーヤの水遣りなど 趣味:合唱
総務という部署柄、直接献血者の方々と接する機会は少ないですが、他の部署の仕事に幅広く関わり、血液事業に貢献しているというところにやりがいを感じています。まだまだ慣れないことも多いですが、血液センターの職員として一日でも早く貢献できるよう精一杯頑張りたいと思います。

総務課の仕事は、一般的な会社が行っているような、人事、給与、労務管理、広報、システム管理など、多岐にわたります。今回はその中の1つ、事業計画の進捗管理について紹介します。


apdc.bmp血液センターでは、安全な血液製剤を患者さんへ安定的にお届けするために、供給部門、採血部門など各課において事業計画を設定します。総務課では、その計画が達成できるように、実行したことの分析や評価に基づいた進捗管理を行うなど各課のお手伝いを担っています。
左図のピンクの矢印部分が計画を遂行する上で総務課の担う部分です。
3ヶ月ごとに重点項目を進捗管理しながら、確実に目標を達成できるよう軌道修正をしていきます。患者さんのために、安全な血液製剤を安定的に確保できるよう取り組んでいます。
平成24年度から始まった血液事業の広域事業運営体制下では安定的かつ効率的な事業運営が求められています。総務課では総合的な調整を図りながら業務を行っています。

ここが総務課の役割!!




** おまけ **

goya.bmp
他の課に属さない仕事全般も請け負っています。
その中で、エコ活動の一環として、血液センター内にあるリバーサイドテラスにおいて緑のカーテンをつくっています。
朝顔とゴーヤに水遣りをするのも僕の担当です。日に日に成長していく植物たちを見るとすごく癒されるし、元気がもらえます!
20130820somu_ochiheart.png

カテゴリー:

完成間近!「赤十字プラザ」って何?―総務課奮闘中―

2012年8月 3日 12:00

平成24年5月に竣工した日本赤十字社中四国ブロック血液センター・広島県赤十字血液センター合同社屋に新たに設置される「赤十字プラザ」は、合同社屋の目玉のひとつです。
2012somu1.jpg

ここでは、献血や輸血、血液に関する知識やさまざまな赤十字活動について、観て、触れて、体験することができます。
今回は、「赤十字プラザ」の制作に取り組んでいる広島県赤十字血液センター総務課の担当者Nさんにインタビューしてみたいと思います。


Q:みどころは?
A:人が人を助ける仕組みの1つである献血のことを子供たちにも関心をもってもらえるように分かりやすく紹介しています。
「赤十字プラザ」では、献血の疑似体験ができたり、自分の体の中をめぐっている血液の量を測ったり、血管の中を覗いてみたり、子供から大人まで楽しめる仕掛けが満載です。


Q:苦労した点は?
A:色んな人の意見を取りまとめ形にしていくことは醍醐味でもあり、難しかった点です。
公開に向け、より良いものができるよう現在も奮闘中です。


Q:Nさんの「赤十字プラザ」にかける思いは?
A:全国からここを目指して来ていただけるような施設にしたいですね。
  ゆくゆくは、広島観光の1つに「赤十字プラザ」が入ると良いなと、そんな夢を描いています。
2012somu02.png

Q:いつから見学できますか?
A:公開時期や見学方法の詳細は、準備が整いましたらホームページでお知らせします。
  完成まであとわずかですので、乞うご期待ください。

カテゴリー:

総務課Yが見た石巻

2011年6月 1日 08:30

 東日本大震災の発生から、日本赤十字社広島県支部管内より次々と被災地へ職員が派遣されている中、4月末に総務課員Yも石巻赤十字病院の業務支援のため、宮城県石巻市へ派遣されました。
 その時の様子を簡単に、みなさんにお伝えします。

sm1.jpg


 現地に到着した夜、4月も末というのに雪が降りました。


sm2.jpg       sm3.jpg
 病院内に設置した石巻圏合同救護チーム本部にて、救護所を巡回する救護班のサポートが私の仕事でした。
 
sm4.jpg  sm5.jpg
 車で街をまわる機会がありました。「言葉を失う」とはまさにこういうことなのですね。

sm6.jpg
 

 現地スタッフによると、発災1日目はこの家の2階まで推移があり、2,3日してようやく水位が下がったとのこと。


sm7.jpg  sm8.jpg
 (徐々に建ち始める仮設住宅)      (広島の救護班から石巻赤十字病院に贈った鯉のぼり)
 まだまだ課題は山積みですが、街は少しずつ復興に向かっています。

sm9.jpg  sm10.jpg
 被災者のみなさんに比べたら恵まれた環境ですが、寝袋とレトルト食品で頑張りました。
 約1週間と短い間でしたが、現地のお役に当てていれば幸いです。
 1日も早く復興の日がこの街に訪れることを願っております。

カテゴリー:

血液センタークイズ

2009年6月 1日 10:50

20090601-1.png
さて、今月は血液センタークイズです。

さっそくですが、左のイラストの人物は誰でしょうか??


正解は、広島県赤十字血液センターの所長です。

                ↓所長お気に入りのお洒落な帽子♪
20090601-2.png



さてさてお次は…


Q:血液センターに勤める職員は何名でしょう。
A:約190名です。


Q:職員はどんな資格を持っていますか。
A:医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師 などなど


Q:職員の制服は次の3つのうちどれでしょう。

20090601-3.png20090601-4.png20090601-5.png


A:正解は、真ん中の制服です。
  献血にお越し頂いた際には見てみてくださいね。


Q:職員の中で変わった特技を持っている人はいますか。

20090601-6.png


  A:一番は、なんといっても渉外課○橋さんのエアロビです。
    体も柔軟、仕事も柔軟な○橋さん!その動きは誰にもマネできません。



20090601-7.png




  まだまだ他にも特技をもつ職員がいます!
  絵手紙が得意な小方さん。こんなに素敵な絵が☆★
  体力を使わず、座ったままできるところが良いそうです。 


  以上、血液センタークイズでした。

カテゴリー:

★島根県赤十字血液センターの製剤業務が広島にやってきました★

2008年6月11日 13:07

平成19年4月1日から島根県・山口県・愛媛県の各赤十字血液センターの検査業務を広島県に集約したことに引き続き、平成20年3月28日から島根県赤十字血液センターの製剤業務を広島県に集約いたしました。


hiroshima.png


島根県内で献血された血液は、広島まで運ばれ、成分(赤血球・血漿・血小板)ごとに分離・調製されて輸血用の血液製剤になります。
血液輸送の最終便が届くのは、なんと夜の12時!
その後、広島県赤十字血液センターで造られた血液製剤は、島根県赤十字血液センターへ送られます。

今後も、各県の血液センターは力を合わせて頑張っていきます☆

カテゴリー:

検査業務の集約について

2007年5月12日 09:22

 日本赤十字社では、血液製剤の安全性のさらなる向上と業務の効率化を図るため全国的に検査業務の集約を行っていますが、平成19年4月1日より島根県・山口県・愛媛県の各赤十字血液センターで行っていた検査を広島県に集約いたしました。
 これにより広島県赤十字血液センターでの検査件数は、18年度は広島県の献血者127,120人分から19年度は4血液センター分約276,300人分となる予定です。
 毎日献血頂いた血液の検査用検体は、19時までに各血液センターより広島センターに到着し、その後検査を行います。
 なお、中国・四国地区では鳥取県・徳島県・香川県・高知県の検査業務が岡山県赤十字血液センターに集約されました。

map.gif

カテゴリー:
記事検索