2017年6月アーカイブ

推進課のお仕事「大学献血について」

2017年6月30日 19:00

   皆さんこんにちは!推進課です。
私たちは県内さまざまな会場で献血を行っていますが、今回はその中の「大学献血」についてお話ししたいと思います。

   私たちは年間を通し、県内23大学(キャンパス含)にて献血を実施しています。

受付1.jpg

   大学の中には、「献血推進委員会」など献血を支援する団体が組織されているところもあり、献血実施時には所属する学生による献血の広報、当日の協力要請及び会場運営のお手伝いも行われています。
(赤いジャケットを着ているのが委員の学生さんです!)


   実際に今年度大学で行った献血の様子を少しご紹介します。

受付2.jpg


   こちらは、5月30日に行われた広島工業大学での献血の様子です。
この日は献血バス3台で実施しました。

   広島工業大学は県内大学の中で最もご協力が多い大学であり、今回も大変多くの学生にご参加いただきました。


受付3.jpg

   現在10代~30代の方のご協力が減少している中で、このように積極的に参加していただけることは、私たち推進課にとっても大変嬉しいことです。

   広島工業大学の皆さん、ありがとうございました。
継続的なご協力どうぞよろしくお願い致します!





   また、私たちは献血実施に併せ、学生に献血の必要性や現状を理解してもらいご協力いただけるよう、セミナーも開催しています。

献血セミナー1.PNG


   どうして私たちがそんなに大学献血に力を入れているのか?
それは、先ほどの大学献血会場の場面でも触れましたが、10代、20代、30代、いわゆる若年層と呼ばれる方々の献血離れが深刻化しているからなのです。
では、深刻化すると何がいけないのか...

献血セミナー2.PNG    こちらのグラフを見ていただいてもわかるように、10~30代の献血者の減少は顕著であり、2006年から2015年の10年間で約30%(約90万人)も減少しています。


献血いただく人.png

   現在の血液事業は、40歳以上の方に大半を支えていただいております。それに対し、輸血を受ける人の割合は8割以上が50歳以上の方です。つまり、現在献血を支えてくださった方が将来的には輸血を受ける側へとシフトしていく可能性が大きく、その時、血液事業の大部分を担うのは現在の若年層の方々なのです!

   その若年層の協力が著しく減少しているため、私たちは将来的にも変わらず献血により輸血用血液が確保できる体制を維持するため、現在若年層の協力の確保に力を注いでいるのです。




輸血を受ける人.png


   病気の治療のために輸血を必要とする患者さんが、病気ではなく輸血の不足により命を落とすことがあってはなりません。


   そのためにはどうしても皆さんの協力が必要であり、私たち推進課は、そのお一人おひとりの献血への勇気の後押しと、ご協力いただける会場作りをこれからも一生懸命行ってまいります。






これからも、献血へのご協力をどうぞよろしくお願いします!

カテゴリー:

献血課のお仕事 夏休み血液センター見学会「なるほど献血教室」

2017年6月 5日 09:57

001.png

こんにちは、献血課です。
献血課では広報やイベント企画、依頼要請など様々な形で「献血者の確保」という血液センターのミッションを果たすべく頑張っております。
そのなかで、最も(担当者にとって)大変かつ大規模なものが、小学校の夏休みに開催される「なるほど献血教室」です。

002.jpg
これは将来を担う子供たちに「献血」の必要性と「助け合いの心」を知ってもらうために毎年開催しているもので、平成14年から毎年開催しており今年で16年目となります。

内容ですが
・「けんけつちゃん」と一緒に学ぶ3D映像などで血液や献血のこと
・血液センターの仕事などを映像で学び、その後に実際の作業や本物の血液製剤を見学
・献血バスや血液運搬車(緊急車両)に乗車しての説明
などとなっております。

003.jpg

これら、普段できない体験はきっと子供たちの記憶に残り、将来は献血について積極的に考えていただけると思っています。

004.jpg

そんな「なるほど献血教室」ですが、血液センターだけでは多くの小学生とその保護者の方に開催していることをお知らせすることが困難です。
そこで広島県赤十字血液センターでは、ともに血液事業に取り組んでいる広島県と広島市に協力をお願いし、広島県教育委員会を始め県内各地の教育委員会から県内全ての小学校に対して「なるほど献血教室」のチラシを配付しています。
特に広島市内と近郊の町では、主な対象となる小学5~6年生全員にチラシを配布して
います。(広島市、府中町、海田町の小学校)

 また、多くの方がご覧になる広島市発行の「市民と市政」(毎月1日・15日発行)でも
行事予定として記事を掲載していただいております。

もちろん広島県赤十字血液センターのホームページやフェイスブックでもお知らせをしております。

005.PNG

毎年大人気で、日によっては予約受付開始早々に定員が一杯になる日もありますので、お早目のご予約をお願いします。

そして、こちらのコラムをご覧になった方にこっそりとお教えするフライング予約!
一般の方向けの予約は7月10日(月)から開始されますが、実はその1週間前から予約いただける方法があります。
それは
①献血ルーム窓口で直接申込み
②複数回献血クラブの会員向けメールからのWEB予約
です!

006.jpg

普段から献血ルームでご協力いただいている方や複数回献血クラブ会員の方への優先案内となりますので、是非ご利用ください。


※早期予約については詳細を決定後に、各献血ルーム掲示物または複数回献血クラブのメールでご案内いたします。

カテゴリー:
バックナンバー
記事検索