2015年5月アーカイブ

献血課のお仕事 〜HLA適合血小板の確保〜

2015年5月25日 13:34

こんにちは、献血課です。
献血課の主な業務内容は、献血者を増やすための対策(広報活動・キャンペーンなど)、輸血用血液が不足しがちな時の献血要請(電話・メール)、献血の年齢に満たない方(15歳以下)に血液のはたらきや献血を知っていただくための「なるほど献血教室」の開催など様々です。
今回はその献血要請のうち、HLA適合血小板成分献血の依頼要請についてお伝えします。

・HLA適合とは
 Human Leukocyte Antigen=ヒト白血球抗原のことで、白血球のほか、血小板や他の細胞にも存在しています。臓器などの移植時には提供側と受け手側とのHLA適合度が移植の成否に大きく影響します。
 臓器移植や、何度も血小板輸血を受けた患者さんには、一般の血小板輸血では効果がなく、HLA型の適合した血小板の輸血が必要になります。
 HLA型の適合する確率は、兄弟姉妹間で4人に1人、非血縁者間で数百人から数万人に1人です。

・依頼要請
血液センターでは医療機関からこのようなHLA適合血小板の要請があった場合、既に献血ルームで血小板献血の際にHLA検査及び登録に同意いただき、HLA検査をした方の中から適合する献血者さんを選び出し、患者さんが必要とされる日に献血にご協力いただくようお電話にてお願いをしています。


k-01.jpg
医療機関からHLA適合血小板の要請があると、血液センターに確保依頼の連絡があります。






k-02.jpg
依頼書により献血者さんのデータベースから適合する方をリストアップします。
適合する方が少なく、広島県内で数名しかおられないこともあり、どうしても見つからない場合は、全国的規模で検索する事もあります。









k-03.jpg
リストから個別にお電話にてお願いをします。
この際、患者さんが血液を必要とされる日時にあわせて、献血にご協力いただける日時を調整します。







OKでしたらご予約をさせていただき依頼は完了です。


貴方様へ献血協力のお願いをさせていただきました際には、ぜひご協力くださいますようお願いいたします。


・成分献血の予約
k-04.jpg
 現在、献血ルーム及び複数回献血クラブでは、特に血小板成分献血のご予約をお願
いしております。
 ご予約いただくと、HLA適合血小板の依頼を受けた際に、ご予約いただいた献血者の中から検索が可能となり、患者さんにとって必要な血液を早い段階で確保できることにつながります。
 このため、献血者の皆様にはHLAの登録とともに、成分献血のご予約をお願いしております。
 ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

カテゴリー:

総務課のお仕事 〜ホームページ運営管理〜

2015年5月25日 13:23

縁の下の力持ち、総務課です!
総務課の仕事は幅が広く、多岐におよびます。
今回はその一部である、ホームページの運営管理についてご紹介いたします。

当センターでは、ホームページの記事を更新するときにはその内容について「ホームページ編集委員会」で審議しており、総務課はその事務局となっています。
soumu.PNG
【記事掲載までの流れ】
担当課が記事を作成
    ↓
事務局が取りまとめ
    ↓
月に一回ホームページ編集委員会開催! 
  ・内容に誤りがないか、みている人に伝わる内容か
   などを審議しています。
    ↓
 記事修正
    ↓
 掲載準備
    ↓
ホームページ掲載!

定例の委員会まで待てない場合は臨時の委員会を開催することもあります。

よりよい記事にするため、少し時間がかかることも・・・なるべく迅速に掲載できるように心がけています。

「お知らせ」は直近のイベント情報などを、「センター便り」は血液センターがどんな仕事をしているかを発信しています。

今後とも当センターホームページをよろしくお願いいたします。

カテゴリー:
記事検索