2012年2月アーカイブ

あなたの献血してくださった血液って、どうなる!?〜第5話〜

2012年2月27日 17:32

ようこそ製剤課へ!!

 前回までは、献血血液がどのような工程を経て輸血用血液製剤になるのか紹介しました。
 今回は、病院の依頼を受けてから製造する洗浄赤血球(正式名:照射洗浄赤血球−LR「日赤」)を紹介します。当センターの製造数は、1日に約30〜40本で全国一の多さです。

Q.「洗浄赤血球」とは?
A."洗浄"と頭につくように、赤血球濃厚液(正式名:照射赤血球濃厚液−LR「日赤」)を生理食塩液※で洗浄します。第3話で紹介した赤血球濃厚液のうち、採血後10日以内の輸血用血液製剤を原料として使用します。
✧有効期間:製造後24時間
✧ 保存温度:2〜6℃
✧ 効能・効果:血液中の赤血球の不足や、血しょうなどによる副作用を避ける場合の
      輸血に使用
※生理食塩液:血液・組織液と浸透圧の等しい約0.9%の塩化ナトリウム液


Q.どうして赤血球製剤を洗うの?
A.赤血球濃厚液には少量の血しょうなどが残っています。これらにより、輸血を受けた患者さんが副作用を起こすことがあります。このような患者さんのために、赤血球製剤を洗浄して血しょうなどを除去します。

製造方法
1.無菌状態でチューブをつなぐ機械を使用して、赤血球製剤、生理食塩液、空のバッグのチューブをつなげます。
seizou.png
2.赤血球製剤に生理食塩液を加え、大容量冷却遠心機にセットします。
enshinki.png

3.赤血球製剤が血しょうを含む生理食塩液の層と、赤血球の層に分かれるので、生理食塩液の層を空のバッグに移します。
seirisyokuen.png
写真左:生理食塩液を抜き初めてすぐの物です。
写真中央:板に挟まれ生理食塩液は下のバッグに移ります。
生理食塩液でいっぱいになったバッグは廃棄します。

4.規定の重さであることを確認後、ラベルを貼付し、包装して完成です。
housou.png

 今後も私たちは、患者さんのことを第一に考え、皆さんからいただいた献血血液から、安全で信頼性の高い輸血用血液製剤を製造します。

カテゴリー:

献血には、水分補給が必要!!

2012年2月 1日 08:00

 成人の血液は、体重の約7〜8%です。献血ではそのうち400mL前後をいただいています。2012imu01.jpg
 しかし、なくなった水分は補給しなければなりません。献血後の血液の「量」は、水分を摂取することにより短時間で回復します。 この円滑な回復のために、水分補給が必要です。
 できれば、いただいた血液の3倍量を目安に、なるべく献血当日に水分補給をお願いします。


こんなときにはちょっとまって!

 下痢や、かぜ・ぜん息で咳が出ている場合などは、体の水分が失われていますので、献血を差し控えられますようお願いします。
 また、腹痛で水分補給が難しい場合なども同様に献血を控えていただき、症状が十分おさまってから、体調の良い時にご協力をお願いします。
 スポーツ直後やサウナで発汗された場合も水分が失われていますので、十分な休憩と水分補給後に、できれば翌日以降のご協力をお願いします。


もし、気分が悪くなったら?

 もし、献血をして気分が悪くなられた場合には、血圧が下がっている場合があります。すぐにしゃがむか、あお向けに寝て少し足を高く上げると血圧が上昇し、回復します。
 少しでも気分不良を感じられましたら、なるべく早くどちらかできる体勢をおとりください。
2012imu02.jpg


2012imu03.jpg
 今回は、医務課から3つのお願いをさせていただきました。
 しっかり水分補給をして、元気を分けてあげる献血に是非ご協力をお願いします。

カテゴリー:
記事検索