2011年10月アーカイブ

安全な血液をお届けするために〜検査課〜

2011年10月 1日 08:30

 献血された血液は、血液センターに運ばれ、検査課にて血液型検査や感染症予防のためのウィルス検査、生化学検査などを行います。
 今回は、検査室の様子をご紹介します。

感染症検査

k101.jpg この機械は、『全自動化学発行酵素免疫測定装置 CL4800』です。
 B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・HIV-1、2・HTLV-IヒトパルボウイルスB19梅毒などのウイルス検査を行っています。

生化学検査
 この機械は、『自動分析装置LABOSPECT 008』です。
 ATLγ-GTP・総蛋白・アルブミンアルブミン対グロブリン比コレステロールグリコアルブミンなどの、健康状態を把握する検査を行っています。
k102.jpg

血液型検査
k103.jpg ABO式血液型・Rh式血液型・不規則抗体の検査を行っています。
 また、この他にまれな血液型の検査や医療機関からの依頼検査なども行っています。


不規則抗体検査 検体前処理装置 (New Face!)
l104.jpg  左図のように、献血者5人分の血しょうを1本の試験管へ自動的に分注してくれます。
 この試験管を使って下の機械(IH-1000)で検査します。

カード用全自動輸血検査装置 IH-1000 (New Face!)
 これまで人の目と手で判定していた不規則抗体検査(間接グロブリン法)が自動判定されるようになり、さらに客観性に優れた判定結果を出せるようになりました。k105.jpg

k106.jpg いかがでしたか?検査室の様子を少しでもお伝えできたでしょうか?
 これからも、患者さんへより安全で品質の高い血液製剤をお届けできるよう、日々努力してまいります!!

カテゴリー:
記事検索